乳幼児のママたちへ薬剤師ママからの伝言板3
■予防接種ガイド

予防接種といっても、まわりの子供たちで結核やポリオにかかったなんて聞かないし。
流行ってるわけでもなさそうだし、なぜ?予防接種するの?
どんな効果があるの?
そんな疑問を持ったママにお答えしますね。

★★★★★
確かに現在流行していない病気もありますが、もし、かかると重症になりやすく、合併症や後遺症、最悪の場合命を落とす危険がある病気なのです。

そのため、あらかじめ免疫を作り、自然感染から守るのが予防接種です。
もし、その病気に感染しても、その病原菌をはね返すことができます。

現在、流行していない病気も、この予防接種が広く行われたことでおさえられているので、もし、みんなが受けるのをやめてしまうとたちまち大流行する危険があります。

なぜなら、日本では、ほとんど患者のいない病気でも予防接種が普及していない外国では、今でもたくさんの方が苦しんでいます。
日本で流行っていなくても外国からウイルスがもちこまれるかもしれないので油断はできません。

ですから、きちんと予防接種をうけることがベストなのです。

では、予防接種の種類を確認しておきましょう!



定期接種
(法律によりある年齢になったら受けなくてはならないときめられているものです。)
◆BCG
(予防する病気は結核)

◆ポリオ
(予防する病気は小児マヒ・急性灰白髄炎)

◆三種混合
(予防する病気は百日ぜき・ジフテリア・破傷風))

◆麻疹・風疹
(予防する病気ははしか・風疹)


その他の予防接種は?
(臨時接種や任意接種があります。)
◆おたふくかぜ
(予防する病気はおたふくかぜ)

◆水痘
(予防する病気は水ぼうそう)

◆インフルエンザ
(予防する病気はインフルエンザ)

◆B型肝炎
(予防する病気はB型肝炎)

◆日本脳炎
(予防する病気は日本脳炎)





新型エスティマ

[PR]-ケータイ!キャッシング

育児ママ厳選キャッシング

戻る